1月, 2013年

事件が起こった背景を知るべき

2013-01-20

1月20日(日)

チュニジアの石油プラント襲撃事件、まだ詳細はわかりませんが、人質に死傷者があるとのこと。大変心配です。
そして今回の事件が、日本企業のによる様々な海外事業に対して、大きな影響が出るのではないかと懸念されます。

前にもブログに書きましたが、このような海外での事件事故、日本ではあまりにも報道が少なすぎます。
今回の事件は現地法人の多数の日本人が被害に遭ってしまったことで、日本にも詳しい情報が入ってきました。
事件が収まれば、多分報道もなくなるでしょう。
それから先はまた海外メディアに頼るしかありません。情けないことです。

このような事件、いきなり起こったりはしません。
それまでの経緯・歴史があり、そしてそれは将来にも続いていきます。
問題の本質は国々、あるいは国内各地域によっても異なりますが、国や地域が変わっていかない限り繰り返されていくのです。
アルジェリアの歴史、フランス支配から独立までの紆余曲折、そしてイスラム過激の台頭とそれに対するフランスの対応などなど。
何が原因で、どのような背景で起こったか、しっかり検証することが大事です。
問題の本質が改善されない限り、また繰り返されます。

これは多くの紛争やテロの一つでしかありません。
平和ボケの日本では考えられないことが、毎日毎日世界各地で起こっています。
日本国内も現在いろいろな問題を抱えていますが、世界各国と比べてみれば、どうなんでしょうか。
やっぱりまだまだ恵まれていると思います。

全てとは言いませんが、重箱の隅をつつくようなつまんない国内問題ばかりに大騒ぎする日本のマスコミ。
いちいち揚げ足取りの文句ばっかり言わないで、世界の現状をもっと知って、伝えて、日本の恵まれた状況をもっと認識するべきです。
日本人は逆境に強い。戦後の苦難の時代を思えば、まだまだやれます。
日本再生のため、ある意味国民に「厳しさ」を強いる政策を国には摂ってもらいたいと思います。
私は県政で戦います。

それにしても、ワイドショー等に出ている一部の過激な司会者やコメンテーター。
多くの国民にいい加減な情報や考えをすり込む彼らの発言こそ、国民を骨抜きにする危険な「暴力装置」と言わざるを得ません。

ワイドショー、大嫌いです。

体の方は老ける一方

2013-01-18

1月18日(金)

今日病院で検査があり、とりあえず問題ないとのことでした。
50過ぎるといろいろガタが出やすくなるようで、情けないというか…。
持病もあるので、体大事に働きます。

もう1年9か月お酒飲んでいません。
年末年始から連日いろんな会合が続いてますが、今迄通りウーロン茶で通しています。
これも自分の体の事を考えてのこと。
ここまで続けてきたんだから…、飲まないなら飲まないで徹底した方がいいかなと思っています。

さて、体の方は老けていくばかりですが、頭の方はスッキリ、クッキリです。
やらなきゃならないことが沢山。
いくつ体があっても足りないくらいです。
今年もやるぞおー!!!って感じです。
危機感のない人、現状を見て見ぬふりをする人、何もわかってない人からは、何を言われてもかまいません。

やらせていただきます。

まあ、こんな県議会議員がいてもいいんじゃないですかね。
残り任期2年ちょっとしかありませんが、一日一日を大事に、お仕事頑張らせていただきます。

あけましておめでとうございます

2013-01-04

1月4日(金)

あけましておめでとうございます。

一日一日大切に、毎日全力で働きます。
仕事は退路を断って、何事も真剣勝負。自分にも相手にも妥協を許さない姿勢で臨みます。
社会は日々めまぐるしく変化しています。スピード感のある対応が必要です。
それとは逆に、人材育成には時間がかかります。10年20年先を見ていかなくてはなりません。

自分の仕事は島根の今、そして将来を考えること。今年もとことん無茶を言うと思いますので、宜しくお願いします。

Copyright© 2010 池田はじめBLOG「日頃思うこと」 All Rights Reserved.