メインイメージ

新年を迎えて

1月2日(火)
昨年末はあれだけ寒かったのに、お正月は穏やかな天気が続いてます。
でも、最近特に感じるのが、「お正月」の慌ただしさ。年々あちこちバタバタして、あっという間に過ぎていってしまうような気がしてなりません。
昔はもっとのんびりしていたような気が…。
過ごし方も風習も、なんだか変わりつつあるようです。
「正月用の花が、ほとんど売れなくなった。」と、花屋さんから聞きました。
ある新年会では「昔はお正月には物を売るお店がどこも閉まっていて、何もできなかった。」という懐かしい苦労話に盛り上がりました。

便利な世の中にはなりましたが、失ったものも多いんじゃないかと考えさせられた今年のお正月でした。

今日から9月定例会

9月6日(水)

今日から9月定例会です。

決算審議も始まるんで、秋から冬にかけて、今年いっぱいは忙しいと思います。

体調に注意して頑張ります。

マスコミの偏った報道

2月2日(木)

トランプ大統領、あれだけマスコミ批判すると、マスコミはどうしても反トランプ的な偏った報道をしますよね。だから今回の移民受け入れ拒否の報道に関しては、アメリカ国内で大規模な反対運動が起きていますが、その場面しか報道していないように感じます。それを日本では真に受けてアメリカ国内では、あたかも反対運動ばかりだと言っているように聞こえます。

しかし、ロイター通信の世論結果はどうでしょうか。49%の国民が大統領令を指示し、反対派は41%と大きく離されています。アメリカ国民の半数が賛成しているのです。

確かにアメリカ国内では世論を二分する状況ではあると思いますが、難民を受け入れているEU諸国などで反対運動が起こっているのはわかります。しかし、日本でそのことに言及したらダメでしょう。日本は移民に対し厳しい対応しているのですから。現に国会議員の方々(与党にしても野党にしても)言及している人は見かけません。
まず、アメリカ国内の問題です。それについて日本人がどうこう言ってもいいのでしょうか。。
それよりも日本においても難民問題に対して真剣に考えていかなくてはならないと思うのですが。

 

Copyright© 2010 池田はじめBLOG「日頃思うこと」 All Rights Reserved.